映画『東京グール』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも

東京グールの作品情報とあらすじ!

東京グールの基本情報

公式ホームページ
http://tokyoghoul.jp/
作品ジャンル
映画
上映時間
2時間
公開日
日本 2017年7月29日

東京グールの概要

石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる怪人「喰種」(グール)をテーマにした作品。コンセプトはダーク・ファンタジーとなっているが、サイエンス・ファンタジーの要素もある。
2013年7月と2014年6・12月には十和田シンによる小説版が発売された。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/東京喰種トーキョーグール

東京グールのあらすじ

人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。
上井大学に通う青年カネキは女性の喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、直後に起こった鉄骨の落下がリゼに当たったことで捕食を免れ、命も取り留める。しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。
読書好きの平凡な大学生・カネキは、好意を寄せていた少女・リゼと小説がきっかけで知り合い、デートをすることになる。別れ際にカネキは、喰種の本性を現したリゼに襲われ瀕死の重傷を負うが、突然リゼの頭上に鉄骨が落下したことにより危機を逃れ病院に搬送される。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/東京喰種トーキョーグール

東京グールを視聴したみんなの感想を公開!

東京グールを視聴した人たちにから募集した作品の感想を公開します。
それでは、さっそく見てみましょう♪

20代 会社員 男性

男性 20 学生 ☆☆☆☆ アニメの実写化には少々抵抗があり。実際にはずれ作品が多い中、原作を読んでいる自分でもどんどん引き込まれ純粋に楽しめました。原作を見て実写化するのは正直きついのではないかと思う部分も多くありましたがとてもクオリティーが高く期待以上の作品でした。出演者の皆さんの演技力が非常に高く特に窪田正孝さんがカネキ君の役にすごく合っていたように感じます。人間としての自分とグールとしての自分その間で葛藤する演技が圧巻でした。原作をリスペクトした作品なので原作を読んでいる方のほうが入りやすいとは思いますが、少しグロいのでそれが大丈夫な方であれば原作を知らない方でも楽しめると思います。続編期待してます。
女性 34歳 会社員 ☆☆☆

漫画やアニメ原作のものは、基本キャラクターの外見とイメージが実写化でどこまで再現されているかが重要な点になるかと思うのですが、見た目は宣伝の時点から違和感ないな…と悪印象はありませんでした。
実際に映画の中でも、変な前振りなしでとある人が出てきたら「あ、これはキャラクターの誰誰だ!」とわかるようになっており原作ファンにはそれだけで、最近の映画としては十分…なのですがそれ以上にアクションなども見ごたえあり、期待値が低かっただけに覆されたような気がします。
ただ原作を知らない人には、ちょっとわかりにくいかな…という場面もありでしたので、評価は☆三つです。
女性 32歳 主婦 ☆☆☆☆

人を食べるという設定に抵抗がありました。でも、キャストがとても合っていて、良かったです。原作を知らなかったので、人を食べ続ける惨いシーンが多いのかと思っていました。しかし、人を食べる喰種にも守る人がいたり、理由があるんだと分かり、深いなと思いました。窪田正孝さんの喰種の演技がとても迫力があり、すごかったです。人間だったのに、半分喰種になってしまい、人が食べたくてたまらなくなる。しかし人間の感覚もあるので、食べられずという葛藤の演技は圧巻でした。こんな演技もされる俳優さんだったんだと驚きました。最後までドキドキする作品でした。
男性 22歳 学生 ☆☆

原作の漫画は未読ではあるが、アニメ作品は視聴している私が当実写映画を観たところ、やはり実写ならでは良さがあったと思った。アニメや漫画では描き切れない感情を立体的に現せる点などがそうである。また、戦闘シーンなどは最近の実写作品でお馴染みのCGを駆使しており、アニメや漫画に劣らず抜け目ない出来であった。そして、演技面においても俳優の方々がしっかりと演技されており、原作・アニメファンは恐らく高評価であったと思う。私的にも、原作やアニメとは少し違うストーリーではありつつも、しっかりと纏まった近年稀に見る面白い実写作品であったと評価する。
男性 39歳 自営業 ☆☆☆

漫画の『東京喰種トーキョーグール』を読んでいたこともあり、映画版の仕上がりが気になって劇場で鑑賞しました。最近は邦画でもCG・VFXを駆使した映像技術が高く、映像面では合格点を与えられる出来栄えでした。『東京喰種トーキョーグール』のメインテーマは、人肉を食べて生きる怪物「喰種(グール)」に襲われて自分が半グールになってしまった主人公・金木研の葛藤と価値観(怪物となった自己の存在意義)の模索なのですが、金木を演じた窪田正孝がこの作品の世界観に上手く合っていたと思います。幸福の科学の出家騒動で揺れた清水富美加もヒロイン役で出演していますが、蒼井優と共に見事にグールの恐ろしい演技をこなしています。人間からグールに変貌する映像のホラー映画的な迫力が見ごたえありました。
女性 31歳 アルバイト ☆☆☆☆

原作のファンなのでどう実写化したのか興味津々で見に行きました。
感想としてはすごく忠実に原作の世界を表現できていると感じました。
まず圧巻なのがCGを駆使した戦闘シーンですね。グールの戦闘は人間離れした肉弾戦が見所ですが違和感ない合成で迫力のある場面に仕上がっています。
主人公の苦悩も素晴らしい演技力で痛々しいほど伝わってきました。窪田君の演技が素晴らしいです。
実写だから余計にグロテクスなシーンが響きますが、そこをなくしてはこの作品を語れないので生々しく描かれていることに満足です。
でもそういう表現が苦手な方はちょっと注意が必要です。
続編も期待できる内容なので出来ればシリーズ化してもらいたいと思っています。
男性 26歳 フリーター ☆☆

私は漫画の『東京喰種トーキョーグール』を知っているので実際にファンです。この漫画の実写化の話が出た時はやはり不安でした。
『東京喰種トーキョーグール』は映画としてはクオリティが低いという印象を受けました。特に実写化映画は話題性だけがメディアで報道されるので、その中身を見て期待を裏切られるパターンが多いです。
映画の『東京喰種トーキョーグール』も例外ではなく満足できない部分がありました。キャラクターの構成は非常に良いと感じたので、後は俳優陣の演技が優れていれば高評価できました。しかし肝心の俳優陣は原作を読んでいるのか疑問になる演技でした。
最も良かったのはカネキ役の窪田正孝の持っていた雰囲気です。また外見も原作に非常に近いのでファンとして少し驚きました。
男性 21歳 派遣社員 ☆☆☆

アニメは数話しか見たことなかったが面白かったので、実写化が楽しみで見に行った。「食べる」というシーンでは口元をアップで撮り、口開ける音ですらよく聞こえるようにしていて、原作へのリスペクトを感じた。VFXも迫力があり、翼を広げるシーンや戦闘シーンでも違和感なく動いており感動しました。個人的には、カネキ君が半グールなり人間の食べ物がまずく感じて、吐いてしまうが信じられなくて冷蔵庫の中の食べ物を片っ端か食べては吐き、床をのたうち回るというシーンが好きでした。カネキ君が拷問され、覚醒するという場面がなくて残念でしたが、続編があればあの残虐な場面がどの程度再現できるか楽しみです。

東京グールのネタバレ解説とレビュー

近日公開予定。

まとめ

今回は、作品の概要とみんなの感想をまとめました。
良質なエンタメライフの参考にしてください。

おすすめ映画の関連記事
  • タイタニック 感想
    映画『タイタニック』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • テラフォーマーズ 感想
    実写映画『テラフォーマーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドクターストレンジ 感想
    映画『ドクターストレンジ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • となりのトトロ 感想
    ジブリ映画『となりのトトロ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドントブリーズ 感想
    映画『ドントブリーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • 風の谷のナウシカ 感想
    ジブリ映画『風の谷のナウシカ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
おすすめの記事