ジブリ映画『もののけ姫』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも

もののけ姫の作品情報とあらすじ!

もののけ姫の基本情報

公式ホームページ
http://www.ghibli.jp/diary_m/
作品ジャンル
長編アニメーション映画
上映時間
2時間13分
公開日
日本 1997年7月12日
   アメリカ 1999年10月29日
   カナダ 1999年11月26日
   イギリス 2001年10月19日

もののけ姫の概要

宮崎が構想16年、制作に3年をかけた大作であり、興行収入193億円を記録し当時の日本映画の興行記録を塗り替えた。
映画のキャッチコピーは「生きろ」。主題歌「もののけ姫」(作詞 - 宮崎駿 / 作曲・編曲 - 久石譲)を歌う米良美一は、女性のような高い声で歌うカウンターテナーが話題になり、この作品によって広く認知されるようになった。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/もののけ姫

もののけ姫のあらすじ

中世(室町時代の頃)の日本。エミシの村に住む少年アシタカは、村を襲ったタタリ神と呼ばれる化け物を退治したが、最後の悪あがきから右腕に死の呪いを受けてしまう。その正体は、何者かに鉄のつぶてを撃ち込まれ、人への憎しみからタタリ神と化した巨大なイノシシの神(ナゴの守)だった。アシタカは呪いのため村を追われ、呪いを絶つためにもイノシシが来た西の地へと旅立つ。
旅の道中、乱妨取りに奔る地侍との戦いや、謎の男ジコ坊との出会いを経て、アシタカはジコ坊から聞いた神が住むという深い森がある地に向かう。アシタカは山奥で倒れていた男達を助け、彼らの村へ連れて帰る。その村はタタラ場と呼ばれる、鉄を作る村であるという。そこを治めているエボシという女は、石火矢と呼ばれる火砲を村人に作らせ、山に住む"もののけ"や、村の鉄を狙う地侍たちから村を守っていた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/もののけ姫

もののけ姫を視聴したみんなの感想を公開!

もののけ姫を視聴した人たちにから募集した作品の感想を公開します。
それでは、さっそく見てみましょう♪

20代 会社員 男性

女性 35歳 事務 ☆☆☆☆☆ 初めて映画館で観たジブリ作品でした。最初の方はアシタカが人を射抜く場面などあり今までのジブリ作品としてはあまりなかった場面なので少し驚きました。でも自然豊かな場面が多く、写真のようにも見えてしまうジブリの描写のうまさに惚れ惚れしました。大きく、人と会話のできる生き物が昔はきっといたんだろうなと、物語の中のように自然と生き物と人間の戦いがあっての今なのだろうなとおもわされました。観ている側も、人間の見方になりたいとおもいつつも人間のエゴでなくされていく動物や自然へ、申し訳ないという気持ちがとても強く残りました。どちらの味方でもありどちらの見方にもなれず、はがゆい気持ちになりましたが最後に共にいきようという、人間代表のアシタカと、自然や動物の生き物代表サンの、二人に勇気付けられました。
女性 34 看護師 ☆☆☆☆☆

私がこの作品を見た時に、ジブリ作品の中では風の谷のナウシカに少し近いと感じました。
それは、「人間第一」という世の中に異論を唱える、自然や自然に生きる動物達などの立場に立って考えさせられる作品という点で共通してるのではないかと感じたからだと思います。
人間は人間が生きていく上で必要とあらば自然や動物を犠牲にする事を厭わないということを思い知らされ、少しハッとしました。この作品で出てくる人間達に対し自己中心的だと感じてしまいましたが、ふと考えると自分も含め、人間というのは自然や自然に生きる動物にとっては自己中心的の何者でもないのでは、と考えさせられました。何度も見た作品ですが、私は大人になってからの方が色々な事を深く考えられて楽しめました。
女性 49歳 主婦 ☆☆☆☆☆

ジブリ作品の中で一番好きな映画です。時代設定は室町時代のようですが、時代映画の雰囲気はなく、どれよりも自然との共生をテーマにした作品だという印象の方が強いです。内容は深くて、正直なところ全部を理解するには大変難しいと思います。
たたら作りとか、蝦夷の話とか、自然神のこととか、解説があればもっと作品を楽しめるのではないかと思います。屋久島の自然をモデルにしているそうですが、場所的には白神山地をイメージしながら見ていました。ドロドロとしたグロテスクなシーンがあって、怖い感じもします。
日本の歴史と自然の豊かさと、信仰が一体となった素晴らしい作品だと思います。
女性 40歳 主婦 ☆☆☆☆

豊かさを追い求める人間の欲がとまることがないことを考えさせられました。昔から、自然とともに人間が生活し成長してきた森や動物たちを追い込むようなことをしている様子が描かれていて悲しくなってしました。人間の欲とは、ほんとに怖いものです。物語にでてくるうしがみさまによって、自然の大切さをもう一度考えさせられるよい映画だと思いました。今後、この世の中は便利なものを求めネットやゲームなどの進化にたよる時代になりつつあります。だから、今一度生活を見直して自然の大切さを知りながら自然を増やすべきだなと考えました。自然なしでは、人間は生きれないことを再確認しました。
女性 28歳 主婦 ☆☆☆☆☆

アシタカ様が最初から最後までかっこよすぎてドキドキでした。序盤での村を救おうと懸命に走る姿や、モロとの問答での男らしさは必見です!
森の神様と人間との対立は、人類の発展の影を浮き彫りにする宮崎監督らしいテーマと感じました。憎しみにとらわれていく神様たちの姿には辛いものがありましたが、その戦いも最後の最後の美しい場面で救われたような気がします。
アシタカとサンがこの後どういうふうに暮らしていったのか、二人の関係はどうなったのか、気になって仕方ありません。
スタジオジブリの作品には名作が数多くありますが、このもののけ姫もジブリ映画に欠かすことのできない作品だと思います。
男性 21 学生 ☆☆☆☆☆

大きな獣が暴れる描写や、躊躇なく獣に攻撃を加える人間たちに
なんだか生物の本質を見ている気がしました。
 人間が生きるために獣たちの縄張りを占領し、安寧のために獣たちと相対する…人間の利己心を皮肉ったような印象です。
 もののけ姫は、人間であるが獣に育てられており、獣の常識で生きております。人間に嫌悪感を感じていますが、主人公にだけは態度が軟化していきます。それは、主人公が獣に関する問題を抱えていることに起因しています。そのおかげで獣の立場、人間の立場の言い分を主人公だけ偏見なく理解しています。
 しかし、高尚な考えからではなく、単にもののけ姫に惹かれている、というやはり人間らしい考えが主なようです。登場人物の思いを想像しながら観ると、この作品の本質が見えてくるように感じました。
男性 28歳 会社員 ☆

この「もののけ姫」という作品から私はジブリ(特に宮崎駿作品)を避けるようになった。理由は自然を崇拝し、自然を破壊する人間の傲慢さを強烈に問題提起する割りに、結論は観客に丸投げしているように思えた(それがアニメと言われればそれまでだが)もし作り手宮崎駿のいう通りに文明がプリミティブな世界になったとして、果たしてなにが変わるのか? サンとアシタカのラストの会話を見ていると、また長い時間をかけて、現代に戻ってくるだけのような気がする。60年代?70年代の学生運動が革命以前の「戦う」という行為にヒロイズムを見出した幼稚さと、この作品の構造は繋がっているように思えてならない。
男性 44歳 会社員 ☆☆☆☆

まず思うのですが、ジブリ映画は他のアニメ映画に比べ、作者が視聴者へ伝えたい事を理解するのに非常に労力を要すると思っています。(あくまでも映画初心者の意見です)映画がを純粋に見て感じた事は、「安易に自然破壊をしてはいけないな」と思いました。本来地球は自然や動物のもの。その自然を理解しながら生き抜く為、破壊していく人間。人間でありながら自然と共存を試みるもの。それぞれの思惑が入り乱れていると感じました。果たして何が正解か私には判りませんが、少なからず映画を観る事で、ほんの1秒でも自然の大事さ、儚さを知る事が出来ると思います。映画の趣旨を理解しようと、何度も繰り返し観る事をお勧めします。
女性 35歳 主婦 ☆☆☆☆☆

森の神秘的な描写と、たたら場の生き生きした人々の暮らしが丁寧に描かれている所が印象的でした。
戦闘シーンも躍動感があり、冒頭の祟り神の暴走シーンから、一気に映画の世界観に引き込まれてしまいました。
サンは人とは思えない身のこなしで、山犬に育てられるという特殊な環境で育った過去はどんな風だったんだろうと思わず考えさせられました。
また、人同士の戦に巻き込まれたアシタカが弓を射るシーンなどは気持ちが悪くなるほどリアルで怖かったです。
森で昔から暮らしてきた動物や植物、そしてそこから生まれた神や精霊と、森切り開いて富を築き社会的弱者に自立するすべを持たせようと言う志の高い人が対立することで、どちらが悪か善か容易に判断できないようになっている所がジブリらしいと思いました。
男性 34歳 施工管理技師 ☆☆☆☆☆

ジブリ作品で一番好きな作品が、もののけ姫です。観たのも、中学生か高校生の時で、学校生活や進路でいろいろ考えたり悩んだりしている時だったと思います。最初、観たときは動物の生々しさや怖さやグロテスクな部分が印象に残ってました。何度か見ているうちに、人間と動物界の間の争い、人間社会の自分勝手で、エゴのようなものを上手に取り入れていて考えさせる作品でした。主人公のアシタカとヒロインのサンとの住む場所の違う世界の間での恋愛も良かったです。観た時の年齢が主人公と近かったのもあり、自分のその当時の状況と重ねて勇敢さに感銘受け、また考えさせられる映画でした。

もののけ姫のネタバレ解説とレビュー

近日公開予定。

まとめ

今回は、作品の概要とみんなの感想をまとめました。
良質なエンタメライフの参考にしてください。

おすすめ映画の関連記事
  • タイタニック 感想
    映画『タイタニック』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • テラフォーマーズ 感想
    実写映画『テラフォーマーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドクターストレンジ 感想
    映画『ドクターストレンジ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • となりのトトロ 感想
    ジブリ映画『となりのトトロ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドントブリーズ 感想
    映画『ドントブリーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • 風の谷のナウシカ 感想
    ジブリ映画『風の谷のナウシカ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
おすすめの記事