映画『ミュージアム』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも

ミュージアムの作品情報とあらすじ!

ミュージアムの基本情報

公式ホームページ
http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/
作品ジャンル
映画
公開日
2時間12分
上映時間
2016年11月12日

ミュージアムの概要

『ミュージアム』は、巴亮介による日本の漫画作品。講談社の『週刊ヤングマガジン』にて、2013年35号から2014年10号まで連載された。また、2016年43号・44号に新作エピソードが掲載された。雨の日にだけ現れ、残虐な猟奇殺人を続ける「カエル男」と、それを追う警視庁捜査一課の刑事・沢村久志を中心としたサスペンスホラー。
2016年には本作を原作とした実写映画が公開。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ミュージアム

ミュージアムのあらすじ

家庭を顧みずに仕事に没頭して妻・遥と息子・将太に家出された警察官・沢村久志。ある日、生きながら空腹の犬に喰い殺された女性の事件を担当することになる。
カエルのマスクを被り、レインコートを着て雨の日に殺人を行い、雨雲を追って去る殺人鬼「カエル男」は、自身をアーティストと称して残忍な殺人を繰り返す。やがて、その被害者が全員「幼女樹脂詰め殺人事件」の裁判員制度による裁判員だったことが判明する。息子を連れて家出した沢村の妻もその1人であった。
当初は、有罪判決を受けて自殺した被告・大橋茂の親族による復讐かと思われたが、実は殺人を芸術と呼ぶ「カエル男」こそが真犯人であり、自身の芸術をメディアが作った印象と僅かな物的証拠で無関係の人物の犯行だと決めつけた裁判員に激怒して報復していることに沢村だけが気づく。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ミュージアム

ミュージアムを視聴したみんなの感想を公開!

ミュージアムを視聴した人たちにから募集した作品の感想を公開します。
それでは、さっそく見てみましょう♪

40歳 グラフィックデザイナー ☆☆

この映画は、正直に言って、もったいないという感想です。
それは、あまりにもグロテスクな表現が多過ぎるという点です。
内容としては、観ていて引き込まれる部分も多く面白い内容であるだけに非常にもったいないと思います。
引き込まれて観ていると、グロテスクなシーンが来ることで、顔を背けてしまうような、あまりにも衝撃的なシーンが多数あることで、途中で集中が途切れてしまうのです。
きっと人によっては、そのシーンで、観ることを途中でやめてします人もいることと思います。
非常に勿体ない映画であり、グロテスクなシーンを多様したことによる失敗の部分は凄く感じました。
22歳 学生 ☆☆☆☆

臨場感たっぷりで見応えのある映画です。ストーリーもかなり重い展開があるので、見終えた後にぐったりしてしまいました。☆4つと高評価をつけた理由は2つあり、1つは役者の怪演。もう1つは美術の高さです。主演の小栗旬はもちろん、その他の役者も負けず劣らず鬼気迫る演技が見られるこの作品で、一押ししたいのは尾野真千子。愛する子供を守るため恐ろしさを抑え込む強い演技に惚れ惚れしました。そして、この作品では研究室や廃墟のようなシーンもでてくるのですが、その美術班の技量の高さといったら…。本当にこの世界のどこかに存在していると思わせるリアル感は圧巻でした。
25歳 会計事務所職員 ☆☆☆☆

サイコ系の映画好きであれば一見の価値はあると思います。妻夫木くんの容姿はとても今まで想像していた妻夫木聡ではないというか、もうその容姿がR指定になるレベルです。その妻夫木くんがサイコパスという設定ですが、そうなった背景は描かれておらず、(そういうものなんだ)と思える大人しさと、そういう人なんだと思わせる妻夫木くんの容姿がさすがです。
最後のオチはなかなか衝撃的であったのと同時に、かといってナチュラルにそういう人もいるから単純に怖いわけではないよな、という不一致さが残念でした。ただ、かなり衝撃展開なので、観ている間はかなり心拍数が高かったのを覚えています。
28歳 無職 ☆☆☆

原作が漫画な感じがもろに出ている作品です。展開はスピーディーで、お話の内容もセンセーショナルなので序盤はハラハラドキドキして見られます。原作を知らなくても十分に楽しめる作品です。話が超非現実的なので、リアリティがないと言われればそれまでになってしまいますが、役者さんのお芝居で臨場感あふれるものになっています。小栗旬さんの追いつめられている感は見ているこちらも疲れますし、妻夫木聡さんの怪演はお見事です。本当に気持ち悪いです。残念なのはクライマックス部分のテンポが下がったのと、オチもさもありなんな感じだったところです。何も考えないでハラハラしたい人はきっと楽しめる映画だと思います。
26歳 専業主婦 ☆☆☆☆

今まで見てきた邦画の中で、私的に非常に満足のいく作品でした!

私は、たまに気になる邦画があれば見るくらいで、基本的には洋画のサスペンス映画、ドラマを中心に見ていて、あまり邦画のサスペンスには期待していませんでした。ですが、この作品は、漫画から映画化したという事と、キャストも豪華という事で、少し期待していました。
いざ見てみると、見てみて正解。所々で最悪の展開を想像させる様な描写と、妻夫木さんの気持ち悪さから目が離せません。見終わった後は、少し血の気が引くような感覚で、私的に終わり方もよかったと思います。もう少しじっくり掘り下げてほしい部分もありましたが、漫画では掘り下げているみたいなので漫画も気になっています。
後は、妻夫木さんが最後まで妻夫木さんに見えない特殊メイクの凄さにも驚きでした。

29歳 美容関係 ☆☆☆☆

不気味な猟奇殺人犯を演じる妻夫木聡に始終ハラハラさせられました。爽やかな好青年という役柄の多い彼ですが、特殊メイクの効果とスキンヘッドということもあり、視聴者をゾッとさせるようなサイコな演技も斬新さを感じました。
カエル男の性質上、作中はほぼ雨が降っていて、これがまた陰鬱とした雰囲気を醸し出し、ストーリーの中に引きずり込まれてしまいます。小栗旬演じる主人公沢村刑事のタフさと、猟奇殺人犯カエル男の芸術へのこだわり含め、二人の対峙も比較的理解しやすい展開で原作を読まずとも鑑賞できるのはとても良かったです。
過激なグロテスクシーンが割とありますが、邦画サスペンススリラー好きから見ればさほど衝撃的ではないような気もします。
この作品が原作ではどう違ってくるのか、そちらの方も読んでみたいと思いました!
26歳 会社員 ☆☆☆☆

一言で言うと、とても気味の悪い映画でした。
カエル男の殺害方法や、刑事沢村(小栗旬)の追い詰め方が残酷で、さらに殺人者である自分のことを表現者と言うところに不気味さを感じました。
そして、いま実際に存在している裁判員制度の裁判員が被害者に選ばれており、それが普通の主婦やサラリーマンでり、自分も巻き込まれることがあるのだろうかという恐怖を感じました。
鑑賞後、自分も思いもよらないところで恨みを買い、狙われることがあるのかもしれないと考えてしまいました。
沢村の妻をターゲットにした時も、気が触れてしまった沢村を見せつけるという精神的に追い詰めるやり方で、自分まで追い詰められたような気持ちになり見入ってしまいました。解決後も事件から解放された訳ではなく、一生ついて回るものなのだと考えさせられる作品でした。
39歳 会社員 ☆☆☆☆

最近の日本映画は、アニメからの実写化というスタイルをよく目にします。このミュージアムもその一つです。「カエル男」という印象的なキャラにまず目をとられ、この作品に入り込んで行きました。主人公の妻子持ちの刑事がこのカエル男を追い、捕まえるという話ですが、逆に追いつめられて行ってしまいます。残虐性がある異常者の殺人の様子は、目を背けてたくなるようなものばかりでした。特に主人公の刑事が囚われた妻子を助けようとカエル男の家に監禁されて、毎回ハンバーガーを与えられます。そのハンバーグは妻子の肉をミンチにしたもの‥という連想を思い起こさせる内容のもの。今まで家族を省みず、仕事ばかりの刑事への「刑」でした。この映画は、今の幸せとは何か、何を大事にしなければならないか、改めて気づかされる映画だったと思います。
31歳 主婦 ☆☆☆

歴史の勉強にもなるし、子供がある程度の年齢になったら見せてあげたいと思いました。博物館の中で、展示されているもの達に命が宿っているなんて、さらに、監視員とあそんでいるなんて、なんてユーモラスなんでしょう、と思いました。笑いの中に、親子の絆や恋愛がちょこっと楽しめるのも大人も楽しめる要因かと思います。映画を見た数年後に、イギリスに旅行した際、大英博物館にもよりましたが、映画が思い出されて、いっそうワクワクしながら展示を見る事が出来ました。是非、美術館バージョンや、日本の博物館バージョンなんかも見てみたいと思いました。
50 フリーランス ☆☆☆☆

グロいシーンがたくさんありますが、犯人が少し哀れに感じてしまうストーリー展開でした。確かに社会正義の観点からいなくなったほうが世のためだと思わざるを得ない人はいるんでしょうが、それにしても芸術作品を作り出すためにそういう人たちを犠牲にしていくカエル男の行動はまさしく狂気しか感じませんでした。同時に家庭崩壊寸前の刑事が万人に追い詰められていく中で、家族にしかわからない絆を見つけて、最悪の事態を回避できたことはほっとしたと同時にちよっと予定調和的だったかなと思いました。全体的にピンと張り詰めた緊張感があり、スピード感もあり、見ていて飽きない作品でした。

ミュージアムのネタバレ解説とレビュー

近日公開予定。

まとめ

今回は、作品の概要とみんなの感想をまとめました。
良質なエンタメライフの参考にしてください。

おすすめ映画の関連記事
  • タイタニック 感想
    映画『タイタニック』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • テラフォーマーズ 感想
    実写映画『テラフォーマーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドクターストレンジ 感想
    映画『ドクターストレンジ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • となりのトトロ 感想
    ジブリ映画『となりのトトロ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドントブリーズ 感想
    映画『ドントブリーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • 風の谷のナウシカ 感想
    ジブリ映画『風の谷のナウシカ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
おすすめの記事