映画『君の膵臓を食べたい』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも

君の膵臓を食べたいの作品情報とあらすじ!

君の膵臓を食べたいの基本情報

公式ホームページ
http://kimisui.jp/#/boards/kimisui
作品ジャンル
映画
公開日
1時間56分
上映時間
日本  2017年7月28日

君の膵臓を食べたいの概要

住野よるのデビュー作であり、小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿したところ、ライトノベル作家の井藤きくの目に留まり、双葉社に紹介され、出版に至った[4]。「本屋大賞」2016第2位、「ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 」2位、「2015年 年間ベストセラー」6位(文芸書・トーハン調べ)、「読書メーター読みたい本ランキング」1位、「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2015」1位。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/君の膵臓をたべたい

君の膵臓を食べたいのあらすじ

「君の膵臓をたべたい」…主人公である「僕」が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。
それは「僕」のクラスメイトである山内桜良 (やまうち さくら) が綴っていた、秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。
「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。
「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。そして「僕」は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/君の膵臓をたべたい

君の膵臓を食べたいを視聴したみんなの感想を公開!

君の膵臓を食べたいを視聴した人たちにから募集した作品の感想を公開します。
それでは、さっそく見てみましょう♪

20歳 フリーター 星5

映画を見る前からかなり気になっていて、小説も読んだ事がなかったので、とても楽しみにしていました。そして、出演者に私の好きな小栗旬さんがいたのも見る目的でした。
最近、原作を映画にするという流れが当たり前になっていて、そこまで期待しない方がいいのかなと思っておりましたが、見てみるととても感動しました。
特に最初は素っ気なかった仲良しくんと呼ばれる地味な主人公の男の子とクラスの人気者の桜ちゃんがだんだん仲良くなり、お互いに意識し始めるところで桜ちゃんが病気ではなく、通り魔に刺されてこの世を去ってしまったところが驚きつつも、一番涙が溢れ出ました。
40歳 会社員 ☆☆☆☆

題名から予測できるようにヒロインは膵臓の病気ですが、とても病人とは思えないような明るさと元気さで主人公を翻弄させます。だからこそ高校時代の淡く脆い恋と青春をより刹那的に映し出していたように思います。私は結婚して2児の母であり、もうすでに青春とはかけ離れた生活を送っていますが、この映画の透明感ある世界観に引き込まれました。しかしピュアな時間も徐々に病気という現実が押し寄せてきます。そして意外なことにヒロインは病気ではない最期を迎えますが、その時になって思いました。当たり前だけれど健康であると忘れがちな、人間は誰しもがいづれは死ぬのだと言う事を。だから今を精いっぱい後悔なく生きることがどんな人でもどんな年齢でも言えるのだと、この映画を見て考えさせられました。
23 会社員 ☆☆☆☆

悲しい物語だと思います。原作と違い、大人になった小栗旬さん達が亡くなったさくらさんのいた高校時代を振り返っています。大人になった皆の後悔がよく伝わるお話でした。回想で高校時代の様子が流れます。さくらさんの秘密を知った主人公はさくらさんに色々振り回されます。それは主人公にとって最初は迷惑だったのでしょう。すごく嫌そうですが、それでも離れずに一緒に行動します。だんだん一緒に行動するうちに甘酸っぱい青春時代を経験すると同時に大きな悲しみも経験します。お互い憧れと同時に惹かれあっていたのかもしれません。最後はさくらさんが残した手紙を読み、本当の思いを知り、さくらさんの親友にも手紙を渡し、仲直りし、友達になるシーンが感動的です。
43歳 フリーランス ????????婦

姉に薦められ、原作本を読んでいたので、物語は知っていました。原作にはないシーンがあるとの事でしたので、映画を観る事にしました。
登場人物の配役は、バッチリだったと思います。
当たり前ですが、原作の描写の方がより細やかではありますが、映画でも、その辺りはかなり工夫されていたように感じました。
また、全体的にノスタルジックな映像が、命の儚さを醸し出していて、観る人の心を優しく包むようでした。
ひとりでも生き抜く強さ。仲間と共存しながら生きる楽しさ。命の大切さと惨さを一緒くたに表現している作品だと思います。
このような作品は、ぜひ、若い人たちに観ていただきたいと感じました。
24 無職 ☆☆☆☆

涙が止まりませんでした。ヒロインが病気を患っていて、余命も宣告されていて、最後の思い出作りのために2人で旅行をする計画を立てる。ありがちだけどとても感動するストーリーです。しかし話しは最後の最後で急展開を迎えました。まさか、そんなことが、そう思わせるようなエンディングで本当に驚きました。感動よりも驚きの方が大きかったかもしれません。それでも涙が止まらなかったのは、主演の北村匠海さんと浜辺美波さんの演技が素晴らしかったからだと思います。純粋で真っ直ぐで、とても惹きつけられました。生きているってすごいことなんだな、と思わせてくれたいい映画でした。
21 学生 ☆☆☆☆☆

「君の膵臓をたべたい」というタイトルだけ聞くとバイオレンス的な映画かなと思うかも知れませんが全くそんなことはなく、寧ろ命の尊さや生きることの意味を考えさせられる、そんな作品でした。
作品のあらすじは膵臓の病に犯された活発な女の子と読書が好きな寡黙な男の子があることをきっかけに仲良くなり、距離を縮めていくにつれて2人の心境に様々な変化が現れていきます。その心境の変化に共感出来るところが多くありました。死を間近に感じている女の子の生に対する価値観には考えさせられることが山ほどありました。そして、思ってもみなかった結末に思わず涙しました。
映画で涙を流すことは滅多にないのですが、この映画を見終わった時には号泣していました。
自分の人生をどう価値あるものにするのか、そんなことを考えるきっかけになる映画です。
30歳 パート ☆☆☆

映画は回想になっていて分かりやすかった良かったと思います。ですが、図書館で病気の事を話すシーンがあるのですが後ろに人がいる事が気になっていました。「人に聞かれて良い話なの?」と思いました。これは小説の方にもあるんですが、自分の中のイメージでは2人しかいない図書館で話をしているという感じだったので、なんか拍子抜けでした。それに、恭子の結婚式で主人公の渡した手紙でヒロインの病気の事等を知って友達になるのですが、「12年もたって友達って…今更?」とも思いました。やはり、人の生死で泣けはしたけど、特に心に残るという映画ではなかったです。高校生の頃なら感動していたと自分で思ったので☆3つにしました。
43歳 会社員 ☆☆☆☆☆

余命宣告された桜良が書いた共病文庫を僕が拾ったことから始った出会いなんですが桜良が全ては偶然ではなく自分たちで選んできたことだというようなことを言ったとき心に響くものがありました。淡々と日々を暮らしていた僕に訪れた余命宣告された桜良との出会いに仲良くなっていくことで桜良との別れを思い、距離を置こうとする僕の心理にもどかしい気持ちを抱きながら見ました。同時に桜良は自分の余命が分かっていながら今を精一杯生きようとし、親友にも告げずに過ごしていることに胸を打たれました。一番つらいのは自分自身のはずなのに親友が桜良の死を受け入れられず毎日悲しい顔をして過ごすことを望まず黙ってその日まで迎えようとする気持ちが健気でたまらなく涙してしまいました。

君の膵臓を食べたいのネタバレ解説とレビュー

近日公開予定。

まとめ

今回は、作品の概要とみんなの感想をまとめました。
良質なエンタメライフの参考にしてください。

おすすめ映画の関連記事
  • タイタニック 感想
    映画『タイタニック』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • テラフォーマーズ 感想
    実写映画『テラフォーマーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドクターストレンジ 感想
    映画『ドクターストレンジ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • となりのトトロ 感想
    ジブリ映画『となりのトトロ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドントブリーズ 感想
    映画『ドントブリーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • 風の谷のナウシカ 感想
    ジブリ映画『風の谷のナウシカ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
おすすめの記事