ジブリ映画『風の谷のナウシカ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも

風の谷のナウシカの作品情報とあらすじ!

風の谷のナウシカの基本情報

公式ホームページ
なし
作品ジャンル
アニメーション映画
上映時間
2時間20分
公開日
日本 1984年3月11日
アメリカ合衆国 1985年6月

風の谷のナウシカの概要

『風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は1984年にトップクラフト制作の日本のアニメーション映画で宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画(『風の谷のナウシカ』)を原作とする。原作の単行本全7巻から見ると、序盤に当たる2巻目の途中まで連載された時点での作品であり、映画公開後に連載を再開した漫画とは内容が異なる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカのあらすじ

千年前の「火の七日間」と呼ばれる最終戦争により、巨大産業文明は崩壊し、錆とセラミック片におおわれた荒れた大地に「腐海(ふかい)」と呼ばれる有毒の瘴気を発する菌類の森に世界は覆われていた。人類は生き残るが衰退し、腐海が放つ猛毒と、そこに棲む巨大な虫たちに脅かされていたが、辺境にある「風の谷」は、酸の海から吹く風によって森の毒から守られ、のどかな農耕生活を送っていた。族長の娘であるナウシカは、住民から深く敬愛されており、人々から恐れられている腐海の虫とも心を通わせる優しい少女である。
ある夜、大国トルメキアの輸送機が風の谷に墜落する。輸送機には、千年前に世界を焼き尽くしたという巨大人型兵器の「巨神兵(きょしんへい)」の胚が積まれていた。その翌日、この輸送機を探しに来たトルメキア軍が谷を占領する。司令官である皇女クシャナは、巨神兵で腐海を焼き払うことを目論んでいた。クシャナは、本国へ運ぶつもりだった巨神兵の輸送を諦め、未完成の巨神兵を風の谷で完成させることにする。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカを視聴したみんなの感想を公開!

風の谷のナウシカを視聴した人たちにから募集した作品の感想を公開します。
それでは、さっそく見てみましょう♪

46歳 無職 ☆☆☆☆☆

『風の谷のナウシカ』は、『ルパン三世カリオストロの城』を手掛けた宮崎駿の作品との事で、約30年前に映画館へ観に行きました。『風の谷のナウシカ』は、『ルパン三世カリオストロの城』同様に疾走感とレトロ感あり、私の中で何度見ても飽きない作品のひとつとなっています。ただ映画館で初めて観た時は、ストーリーよりも、腐海を守る蟲たち、特に王蟲の気持ち悪さ、腐海の瘴気の恐ろしさ、復活した巨神兵があっという間に溶けていく時のおどろおどろしさが鮮明に記憶に残っています。後に何度か観てストーリーを理解していきましたが、圧倒されてしまうキャラクターが多い為、事前情報無しで観るとストーリーが入ってこないのも仕方ないと、今では思っています。そのくらい当時の私には衝撃的な作品でした。
39歳 会社員 ☆☆☆☆☆

原作の漫画も読みました。大好きな作品です。原作と結末が違うためコアなファンからの批判も当時ありましたが、私はこの変更は賛成派。脚本が本来伝えたい部分を二時間で表現しきるにはこの思いきった設定変更は英断だと思っています。人間の持つ愚かさと、自然が持つたくましさ。生きる希望。宮崎駿の強烈なメッセージが込められた代表的作品であり、これが無ければ今のスタジオジブリは無かったでしょう。全世界の人に一度は観て欲しい作品です。キャラクターがとても魅力的で、ナウシカはもちろん、大剣士ユパ、クシャナ妃殿下、クワトロ、アスベル、火の七日間という惨事を起こしたという巨神兵。そして神秘的な腐海の昆虫「王蟲」。これらのアイコン達がストーリーを盛り上げてくれます。何度観てもまた観たくなる。そんな映画です。
32歳 無職 ☆☆☆☆

子供の頃から何度も見た映画です。昔は、詳細なストーリーを把握できずに、ただ画面からあふれる勢いと、ヒロインのナウシカがカッコイイ!とだけ思っていました。でも、大人になるにつれて、ナウシカが現実にいたら、実はかなり浮いた存在なんだと気付くようになりました。また、実は人間の歴史や業の深さを扱ったテーマでもあります。映画では、何とか丸く収めていますが、兵器に群がる強国のエゴ、弱者と強者の関係性、大人の陰謀や子供の無邪気さなど、大人になってから観ると「そんなに世界がうまく収まるはずがない!」と突っ込んでしまうこともしばしば。でも、それでも映画のエンディングのような世界観や、ナウシカのような強い女性を夢見てしまいます。
38 主婦 ☆☆☆☆☆

アニメの真骨頂!小学生の頃からセリフを覚えてしまう程、何度も観ていますが、何度観ても飽きることがありません。
 人間と自然の共存について深く考えさせられます。人間性についても、ナウシカの真っ直ぐで強く、でも決して宗教的ではない考え方、性格にとても憧れを持ちました。
 時代などの設定が絶妙で、蟲達の存在感や自然界の在り方など、観る側の想像力を掻き立ててくれる作品だと思います。
 ただ、かなり昔のアニメで、映画界の時代の流れもあるかとは思いますが、大人になってみると少し「セリフでの説明が多すぎる」と感じる部分はあります。それがマイナスになったとしても満点を点けたくなる映画です。
40 主婦 ☆☆☆☆

子供の頃に見た印象は、冒頭の毒ガスマスク姿にはじまり、オウムや巨神兵が気持ち悪くて恐ろしく、全体的に暗い物悲しいイメージで好きではありませんでした。
絵のタッチや、恐ろしい大きな人型のものが登場するという共通点で天空の城ラピュタと重なっていました。
大人になって、壮大な原作を知りました。あらためて見てみるとこどもには少し難しいかなと思います。
凛としていてたくましいナウシカですが、憎しみから制御不能になってトルメキアの兵士を皆殺しにしてしまうというエピソードが私にとっては気になるところです。
あの物悲しい感じは話の内容もありますが、音楽の効果が大きいと思います。
年月を越えても色あせないアニメで、後世へ残る名作だと思います。
自分はあまり見たくなかったアニメですが、5歳の息子は何度も繰り返しみています。
男女でも印象は違うのかなと思いますが、ぜひ大人になってからまた見て欲しいなと思います。
45 会社員 ☆☆☆☆☆

アニメーションでありながら世界観が壮大でスケールな大きな作品で圧倒されました。宮崎駿監督の代表的な作品であるので描写も綿密に書き込まれていてこの世界に引き込まれます。風の谷の自然の描かれ方も宮崎駿らしさが随所に見られます。ナウシカという救世主となる少女も繊細でありながら力強く描かれていて魅力ある主人公になっています。王蟲や巨神兵といった独特のキャラクターもこの映画の世界観を引き立て迫力のあるシーンが数多く盛り込まれていて圧巻です。ただただすごいというだけでなく見終わったあとも地球や世界のことを考えさせられる深い意味合いの映画だと思いました。
44 主婦 ☆☆☆☆☆

30年以上も前の作品ですけど、今見ても、見る価値・見ごたえ十分で、少しでも多くの人に見て欲しい作品です。4歳の息子は、巨大な虫が怖くて途中で見るのを止めちゃいましたけど、もうちょっと大きくなったら、ぜひ見て欲しいです。毎回、現在の環境汚染や国同士の争いが悪化するとこうなるだろうな、という警告を感じながら観ています。子供のオウムを餌に大量のオウムをおびき寄せるシーンなど、人間の勝手さに腹が立つシーンもありますし、巨神兵が攻撃されるシーンは切なくなりますし、決して愉快な気持ちで見れる映画では無いですけど、その内容の深さ、スケールの大きさ、純粋でまっすぐな気持ちを持っているナウシカも大好きで、何度も見たくなります。
24 会社員 ☆☆☆☆☆

力強さと儚さを併せ持つ作品だと感じました。その筆頭はもちろん、主人公ナウシカです。家族を奪った毒を振りまく腐海を、たった一人で歩きまわる豪胆さ。そして人々を率い、自ら武器を持ち敵に立ち向かう軍人のような気質。けれど、その姿はただの華奢な少女でしかないのです。ナウシカのアンバランスさ、そして底抜けの優しさにとても魅力を感じます。
また、最近この映画を観返したときに、一番驚いたのが、オープニングの絵の精密さです。特に大量の飛行船が飛ぶシーンなどは、ものすごく大好きだという気持ちを乗せて描いたんだな、というのが痛いくらいに伝わって来て、胸が高鳴りました。
観る人の年齢によって、強く胸を打たれるシーンが変わるため、何歳でも、そして何歳になっても楽しめる作品だと改めて感じました。
36 会社員 ☆☆☆☆

私がみた初めてのジブリ映画です。
公開されたのは、まだ小学生の頃のこと。
それでも、いつ、どの劇場のどの席で観たのかを鮮明に覚えているほど、この作品の衝撃は大きかったです。
主人公は一人の少女ですが、彼女の動植物やすべての生命への敬愛の心、それぞれの立場や事情を理解しその中出自分がどう振る舞うべきかを冷静に判断し、責任感をもって行動する姿に、子ども心ながらものすごく感銘を受けました。
そして、そんな彼女への周囲の信頼の心、彼女の「人を愛する」心がとても美しく、作品を観た後の心の中にいつも人間らしい熱いものを残してくれます。
何十年経っても良い作品というのは色褪せることがありませんが、「風の谷のナウシカ」も世代を越えて受け継がれていくことでしょう。
32歳 会社員 ☆☆☆☆

ジブリ作品を好きになるきっかけになったのがこの風の谷のナウシカでした。自然と共生をしている主人公のナウシカが自然を破壊する王国と戦い、自然を守る姿が描かれている作品です。様々な生物が登場する本作品の中でも特に印象的なのがオウムです。見た目はとても気持ち悪いですが、何もしなければ優しい性格です。このオウムがこの物語では重要な役割を果たしています。また、主人公が移動のときに使用しているヴェーメという飛行機ののような乗り物に憧れました。ナウシカの心がとても純粋で、誰かのために命をかける姿がとても感動するすばらしい作品です。

風の谷のナウシカのネタバレ解説とレビュー

近日公開予定。

まとめ

今回は、作品の概要とみんなの感想をまとめました。
良質なエンタメライフの参考にしてください。

おすすめ映画の関連記事
  • タイタニック 感想
    映画『タイタニック』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • テラフォーマーズ 感想
    実写映画『テラフォーマーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドクターストレンジ 感想
    映画『ドクターストレンジ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • となりのトトロ 感想
    ジブリ映画『となりのトトロ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • ドントブリーズ 感想
    映画『ドントブリーズ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
  • 風の谷のナウシカ 感想
    ジブリ映画『風の谷のナウシカ』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも
おすすめの記事