『コンフィデンスマンJP』第9話の感想と無料視聴!スポーツ×詐欺の化学反応!

『危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ』by岡本太郎
著書「自分の中に毒を持て」に書かれた一文です。
またこうも言っています。
「怖かったら、逆にそこに飛び込むんだ」とも。
今回のコンフィデンスマンとどういった繋がりがあるかって?
なんにもないでーす笑
私も名言シリーズやってみたかっただけです。すみません!笑
お付き合いいただきありがとうございます<(_ _)>
それでは気を取り直して…

『コンフィデンスマンJP』第9話のあらすじと感想!

[予告動画]

<放送日>
6月4日(月)21:00~21:54
<タイトル>『スポーツ編』

<出演者> 
ダー子…長澤まさみ
ボクちゃん…東出昌大
リチャード…小日向文世
桂公彦…小池徹平(GUEST)

<あらすじ>

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。
桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。
大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。
ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。
ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。
鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。
しかし桂は、その話には乗ってこなかった。
情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。
そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。

引用:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/index.html

『スポーツは、人格を作り上げるのではない。スポーツは人格をさらけ出すのだ』
byヘイウッド・ヘイル・ブルーン

『オリンピックは本当にフェアなのか。宮本武蔵は本当に無敗だったのか。具志堅用高は本当に「ちょっちゅねー」と言ったのか。真実はボールの行方が知っている。コンフィデンスマンの世界へようこそ』

最高の玩具

ダー子たちの元へ愛する独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームをオーナーによって潰されたと珍しくちょび髭が頼んできた。
そのオーナーはさまざまなサッカーや野球のスポーツクラブを買収し、クラブを所有物と捉え、強い選手や優秀な監督を次から次へとクビにしてチームを崩壊へと導き捨てるのだと言う。
そのオーナーというのが今回のオサカナ、株式会社モスモスの代表の桂公彦。
桂は自身が開発したアプリ『モスモス』で大成功を収め若くして億万長者となった(今何かと今話題の)IT企業の社長。(熱愛とか熱愛とか笑)
学生結婚した美人な妻とは暴力を振って離婚。今は独身貴族。

部下?秘書?の女性が、

「やだ、社長。エッチなの送らないでくださいよ!」
その内容がこちら↓
『俺、マッサージ得意だよ』
『もみもみしてやるよ』
『食べちゃうぞー』
やばい。これはイケメンだろうが不細工だろうが完全にアウトなやつ…。
このIT社長は人気芸能人と熱愛とかなさそうですね笑

「スポーツより楽しいことしましょうー」

とノリノリのダー子。
この話を聞いたボクちゃんは激怒。
だいぶ端折ってますが、会話はこんな感じです笑↓

ボ「まるで玩具だ」
リ「実際金持ちにとって玩具だよ」
ボ「夢と情熱だー!」
ダ「スポーツは金儲け以外の何物でもないわ。八百長、買収、出来レース。金のためなら何でもあ り。それがtheプロスポーツよ」

桂がプライベートで卓球barに通い詰めていると知ったダー子は、彼が次に目をつけるのが卓球だと推測する。
鴨井ミワ(平野美宇。え、凄い人ドラマに出てる!)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。

熱い物語が始まる予感?!

しかし桂は、話に乗ってこなかった。
よくよく調べなおすとどうやら桂が卓球barに通っていたのは卓球に目をつけていたのではなく、えっろいバーテンのお姉さん目当てだった。
縁の下の力持ち、五十嵐によると桂が本当に目をつけていたのはバスケ。
そこでダー子は、手始めに中学校までは有名な選手だったがグレて少年院に入った3人組に声をかける。

「私たちと勝負しない?勝ったらお姉さんの楽しい遊びに混ぜてあげる」
こんなセリフを言える人生、なんかカッコいいですよね!詐欺とはいえ!

彼らを皮切りに将来を嘱望されながら故障続きで挙句賭博に手を出しバスケ界から追放された元日本代表候補の半原敦。
街で見つけたデカイケバブ屋の外国人。
バスケ自体知らないアフリカのダンサーとスカウトし続け、ボクちゃん、五十嵐もメンバーにし、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成。
リチャードが監督で球団社長はダー子。
そんな出来合いのチームをあっさり2.5億払って桂は買う。
欲が出たダー子は撤収するつもりだった計画を取りやめ、桂との3年契約を目指し、大会にエントリー。
しかし…予想通り結果は112対8のボロ負け。
ダー子以外のチーム全員が冷や冷やしていたが、桂は喜んで焼き肉を奢る。

その後も
101対13
93対21
88対16
惨敗。(でもちょっとづつ上達してますよね♪)
士気が下がるメンバーとは対照的に上機嫌な桂。
理由が分からず苛立つボクちゃんに対しダー子はネタばらしをする。
答えは節税対策。桂が欲しかったのは赤字事業だったのだ。

「ほどほどに練習してイイ感じに負け続けてね」

と微笑むダー子にチームメンバーは密かに情熱を燃やしていた。

滾る静かな情熱

3週間後、ダー子が試合会場へ向かうとなんだか様子の違うチームの姿が。
リチャードは檄を飛ばし、ベンチには応援してくれるファン。
ミーティングでは本気のダメ出し。
桂にも歯向かってでも勝つために戦略を立て動こうとするメンバー。
その反骨精神が話題となり人気に火がつき、地元紙に特集が組まれ、関連グッズはバカ売れ。
クラブハウスにはファンが押し寄せる始末。
マスコミからは取材依頼が殺到。
それに応えるように朝6時から集まって練習するメンバーたち。
もちろん桂からさっそく戦力外通告がされる。

「皆さんがスポ根に目覚めて人気出ちゃったもんだから桂さん、節税にならなくなっちゃった。明日から新しいポンコツ選手がいらっしゃいます」
「目的はお金でしょう」

と怒り、2・5億で手を打ち、トンずらしようとするダー子に
一勝でいいからしたい。お金はいらないからバスケがしたい。
と選手たちは熱い思いをぶつける。
桂の意見を無視し試合をする選手たち。
桂の逆鱗に触れ、2.5億返せと言い募る桂にダー子たちは開き直る。

「スポーツを憎んでいる人とは一緒にできない」
「憎んでいるどころか復讐が目的なら尚更です」

また過去に遡り、調べ直して(今回めっちゃ調べ直してる!)明らかになった桂の子供時代のエピソードと本心を言い当て桂を動揺させる作戦に出るダー子。

エリートの過去

桂は子供の頃から身体が華奢で極度の運動音痴だった。
スポーツにコンプレックスがあり、いじめや体罰を受け、体育が嫌で登校拒否になったことも。
好きになった娘は中学も高校も運動部にとられ、結婚した妻もサッカー選手との不倫が発覚。
小学生や中学生の頃って男子は足が速いってだけでモテましたよね?
逆にそれで桂と同じように苦い思いをした人もいらっしゃるのではないでしょうか。
(あと本当は顔面偏差値高くないのに派手なグループにいるからって理由だけでかっこよく見えちゃうとか。ごにょごにょ。)
学生マジックみたいなものありますよね!
でも大人になったらそんなの通用しなくて小池徹平さん演じる桂のような美形で社長とか肩書のあるお金持ちになる。
世の中世知辛いと思うけれど、それで彼のように人生変わる人もいますからね。

「彼らをお金で支配し、自分の奴隷のように扱うことで貴方は復讐している。自分の人生をいつも邪魔してきたスポーツに」

「本当に嫌いだったら関わろうともしない。本当はスポーツが大好きなんだ。だって子供のころからいくつスポーツクラブに入った?いじめられても除け者にされても本当は大好きなのよ。スポーツが」

少年時代の彼が書いていた絵。それはバスケをしている絵だった。

「桂さん、この素晴らしいチームのオーナーになるチャンスを貴方にあげる。3年契約をするかこの2.5億を持ち帰って恨み続けるかお好きにどうぞ」

爽やかなハッピーエンド

2年後…
テレビを前に応援しているボクちゃんとリチャード。
その画面に映されていたのは熱海チーターズ!
半原が監督兼選手をしており、チーターズはプロリーグで優勝するチームへと成長していたのだ。
テレビに映った桂は画面に向かってこう言う。

「このチームの初期メンバーに感謝したい。連絡の取れなくなってしまった選手、監督、前社長。スポーツのすばらしさを教えてくれたのは貴方たちだ。ありがとう」

そんな桂やチーターズのメンバーの勇姿に号泣するボクちゃんとリチャードを横目に

「チーターズ?なんだっけ?」

興味なさそうにダー子は言うのだった。

『コンフィデンスマンJP』第9話まとめと感想

爽やかだったな。
青春時代思い出したな。
なんて余韻に浸っている間もなく…映画化決定しましたね!!
まさかです、ビックリ!
そして次回はいよいよ最終回です!!
15分拡大バージョンでお届け!

『コンフィデンスマンJP』のあらすじと感想一覧

『コンフィデンスマンJP』第1話 
『コンフィデンスマンJP』第2話
『コンフィデンスマンJP』第3話
『コンフィデンスマンJP』第4話
『コンフィデンスマンJP』第5話
『コンフィデンスマンJP』第6話
『コンフィデンスマンJP』第7話
『コンフィデンスマンJP』第8話
『コンフィデンスマンJP』第9話
『コンフィデンスマンJP』第10話

『コンフィデンスマンJP』第9話は無料で視聴できる!

忙しくて『コンフィデンスマンJP』第9話を見逃してしまうこともありますよね。見逃し配信を利用すればすぐに無料で本編を観ることができるので、その方法を紹介します。

ニコニコ動画やYouTubeは危険なのでNG

ニコニコ動画やYouTubeをはじめPANDORA、Dailymotion、Youku、Veohなどの動画共有サイトを利用して視聴しようと思っている方も多いかも知れません。

これらにアップされた動画は違法アップロードにあたるため、

・違法性
・ウィルス感染の恐れ
・低品質な動画
・すぐに削除されてしまう

などのリスクやデメリットがあります。
最悪ウィルスが入っており個人情報を盗まれる可能性もあるので、要注意です!

そこでおすすめしたい無料視聴の方法が・・・

放送後1週間までならVODで完全無料視聴できる

VOD(ビデオオンデマンド)は最近急成長を遂げている動画配信サービスなのですが、

フジ系列ドラマである「コンフィデンスマンJP」はフジテレビオンデマンド(FOD)で放送後1週間までは無料で配信されています。うっかり見逃してしまた、録画も忘れてしまったという人は、FODを利用すれば今すぐに本編を視聴できます。
しかも登録などの面倒な手続きはいっさい不要

FODは大手フジテレビが提供するVODなので、

・画質が良い・画面が大きい・音質がいい
・削除される心配はなし

1話だけみるならここから観るのが間違いなくベスト!
FODの視聴ページ

上記ページから今すぐに視聴できますよ♪

さらに「コンフィデンスマンJP」を全話無料で見たい方

実は、フジテレビオンデマンド(FOD)は現在無料キャンペーン中なので、
31日間は全作品を無料で視聴できます!

もちろん全話サクッとみて解約してもOK。
31日以内に解約すれば費用はいっさい発生しません

Yahoo JAPANのIDを持っている人は、
ワンタッチ登録もできるのでサクッと登録完了。

ちなみに過去の名作ドラマや映画、アニメ、TV番組なども
配信中なのでこのキャンペーンはめちゃおすすめ!

登録も簡単で、手順に沿って進んでいくと以下のようなアカウントとパスワードが発行されるので、

FOD パスワード発行

この情報でトップページからログインすると・・・

2018年春ドラマの関連記事
  • コンフィデンスマンJP 10話
    『コンフィデンスマンJP』第10話の感想と無料視聴!月9最終回!
  • モンテ・クリスト伯 9話
    『モンテ・クリスト伯』第8話の感想と無料視聴!罪と愛
  • コンフィデンスマンJP 10話
    『コンフィデンスマンJP』第9話の感想と無料視聴!スポーツ×詐欺の化学反応!
  • モンテ・クリスト伯 9話
    『モンテ・クリスト伯』第7話の感想と無料視聴!狂気と憎悪の最終章突入
  • コンフィデンスマンJP 10話
    『コンフィデンスマンJP』第8話の感想と無料視聴!騙す女と騙される女
  • モンテ・クリスト伯 9話
    『モンテ・クリスト伯』第6話の感想と無料視聴!美しき女たちの裏の貌
おすすめの記事