『コンフィデンスマンJP』第8話の感想と無料視聴!騙す女と騙される女

『戦う女は美しい。騙す女はもっと美しい』
5月28日『コンフィデンスマンJP』第8話、『美のカリスマ編』が放送されます!!

『コンフィデンスマンJP』第8話のあらすじと感想!

<予告動画>

<放送日>
5月28日(月)21:00~21:54
<タイトル>『美のカリスマ編』

<出演者>
ダー子…長澤まさみ
ボクちゃん…東出昌大
リチャード…小日向文世
美濃部ミカ…りょう(GUEST)

<あらすじ>

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)からの頼みを引き受け、元モデルで女医の美濃部ミカ(りょう)をターゲットにする。
以前リチャードは、福田ほのか(堀川杏美)が経営しているメンズエステ店に通っていた。
だが、店を畳んでミカの会社に転職したほのかは、ミカから酷いパワハラを受け続けたことが原因で心身ともに病み、退職に追い込まれてしまったのだ。
ほのかは、弁護士を名乗っていたリチャードに、ミカの暴言を録音したボイスレコーダーを託し、謝罪と慰謝料を求めていた。
ミカは、美容整形クリニックを開業後、『ミカアスレチック』『ミカフーズ』『ミカサロン』などさまざまな事業を立ち上げて成功を収めた総合商社『ミカブランド』の代表。
その旗艦店は『ミカクリニック』だ。
ミカはモデル時代に結婚、二児を設けるも離婚。
事業で成功してからは育児もシッター任せにしていた。
毎年、ミス・ミカブランドコンテストを主催していたが、一番目立っているのは優勝者ではなく審査委員長のミカ自身という出たがりぶりで、激高しやすい性格も社内では有名らしい。
リチャードは、ダー子のデリカシーのない発言に憤慨し、ボクちゃんとふたりだけでミカを騙そうとした。
しかしミカは、ボクちゃんが考えた作戦には興味を示さなかった。そこでダー子は、フランスの老舗高級ブランドのお家騒動を利用してミカに近づこうとするが……。

引用:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/index.html

『美しい唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。美しい瞳であるためには、他人の美点を見つめなさい』by オードリー・ヘップバーン

(なんかこれって世界的に認められている美人だから通用するセリフですよね。…完全にブスの僻み笑)

『ある時私は自分を美しいと決めた』byガボレイ・シディベ
今回は珍しくもうひとつ名言登場♪(偉人の名言とか格言っていいですよね♪)
因みにガボレイ・シディベさんというのはアメリカの黒人女優さんです。
どこでこの格言が登場するかはぜひ本編をご覧になってくださいね♪

『クレオパトラは本当に美しかったのか。SNSにあげているすっぴんは本当にすっぴんなのか。「私、何もやってないんですよー」っていう人は本当に何もやっていないのか。真実はファンデーションの下に。コンフィデンスマンの世界へようこそ』

個人的には今までで一番好きなお決まりの台詞でした!

しいにはがある

一年前、リチャードは(ちょいブスでぽっちゃりの若い女の子)ほのかが経営しているメンズエステ店に通っていた。
だがそのエステをほのかはたたむと言い出す。
理由は元モデルで女医の美濃部ミカが経営する、女性たちの憧れの職場『ミカサロン』への就職が決まったからだ。
美濃部ミカは、総合商社『ミカブランド』の代表で美容整形クリニックを開業している。
その他『ミカアスレチック』『ミカフーズ』『ミカサロン』などさまざまな事業を立ち上げて成功を収めている美人で仕事のできるカリスマ的存在、言うなれば美のアスリートだ。

だがそれは表面的なもので裏の顔はプライベートでは二児のシングルマザーだが、事業が華々しく成功してからは育児には全く興味を示さずベビーシッター任せる始末。
ビジネスでも毎年、ブランドコンテストを主催しているが、一番脚光を浴びるのは優勝者ではなく、ミカ自身という自己顕示欲の塊だった。
また女性特有のヒステリックな性格の持ち主で暴言は当たり前のパワハラ常習犯。
ほのかはミカから一年半以上ずっと朝の朝礼で「ブタ田ブー子」という名前で呼ばれており、返事は「はい」ではなく、「ブー」を強要。
(ダー子、笑いが抑えきれない。私も思わず笑ってしまいました。ここで笑ってしまう人、絶対性格悪い笑)

憧れの職場だったため限界まで頑張り続けたものの心身ともに病んでしまい退職。
以来部屋でひきこもる生活を送っていた。
ほのかは、弁護士を名乗っていたリチャード(プライベートでも騙すんですね!凄い徹底ぶり!!)に、ミカの暴言を録音したボイスレコーダーを託し、土下座謝罪と慰謝料を涙ながらに懇願。

a little ブス

一連の話を聞いたダー子は

「ほのかの密室に週一で通えるかな。ンウフフフフ」
(やっぱり絶対性格悪い笑)

「誤解しないでほしい。私はほのかちゃんに対してかような劣情は…」
「Non,nonnon! みなまで言うなって!男って年取るとぽっちゃりむっちりしたのが好きになるのよ。ちょいブスくらいの方が安心できるのよねえ」
「彼女は決してブスではない!」
「ブスなんて言ってないよ。ちょいブス。a little ブス!
(a little ブス、流行らないかな笑)

リチャードは、そんなダー子のデリカシーのない発言に憤慨し、出て行ってしまう。
後を追うボクちゃんはダー子に対し、

「美濃部ミカとおんなじだな。見た目はまあまあだけど、心は醜い」
「酷い。見た目、まあまあなんて」
(役とはいえ、長澤まさみが見た目まあまあなんて!発狂!)

リチャードはボクちゃんと二人でタッグを組み、ミカを騙そうとする。
さっそくボクちゃんは韓国の男性用コスメショップの業務提携をミカに提案しに出向くも

「私は興味ありません。男性は中身を磨けばいいの。美は女のモノよ

と一蹴される。(りょうさん、カッコイイ!)

「ミカ様の言う通り、美は女のモノ。男の出る幕じゃない」
ということで満を持してダー子様登場!
顔バレしたボクちゃんは裏方に。

地味で垢抜けないが、素肌のきれいな山形県在住の40女に成りすましたダー子はミカの化粧品を紹介するbefore/afterの番組に出演する。
内心ミカは40歳にも関わらず美しい肌のダー子に驚愕していた。
「お手入れ何してるの?」と尋ねるミカを前にダー子はお茶を濁して去る。

最近コスメの売れ行きが芳しくなく、ヒット商品の開発に四苦八苦しているミカにダー子はわざと「弁天水」と書いた手作りの化粧水を置いて帰る。(いわゆる餌ですね!)

夢の美人村

(紆余曲折あり、諸々割愛させていただきます!笑)五十嵐を使い、ミカを山形県にある都市伝説の美人だけが住む「美人村」に案内させる。(まさに夢の村ですね)

美人村の由来は昔、村に住んでいた美しすぎて男たちの争いが絶えないほどの美女、お国。
(生まれ変わったらそんな美人になりたい…)
お国は殿様の側室に選ばれる。
だがお国を渡したくない男たちがお国を迎えに来た殿様の使いを襲来。
男たちは皆打ち首になった。
お国は自分の美しさを呪い、井戸に身を投げた。
(自分の美しさを呪う。もはや恍惚とする響きですね笑)
以来、そこの井戸水で作った化粧水を使うと美人になるという噂が。
そしていつしか「美人村」の異名がつくように。

それを作っているのがダー子であり、その化粧水こそが弁天水。
弁天水を使った女性は皆きれいになるとミカに思わせることに成功したダー子。
3億円で買うとミカは言い出す。

ダー子は得意げにボクちゃんに語りだす。

「ボクちゃん、女は何できれいになりたいんだと思う? 女はね、生まれた時からきれいであることを義務づけられてる。女にとって美は逃れたくても逃れられない呪いのようなもの。そんな現実と心中する覚悟を決めた女が美濃部ミカ。だから意識の低いスタッフは絶対に許せないし、惚れた品は手に入れなきゃ気が済まない」

美のカリスマの過去

このまま大成功かと思いきや…
ミカは自分の母親の話を始める。

ミカの母親は優しくきれいな女性だったが、ミカが6歳の時、顔に大きな火傷を負ってしまう。
ミカの母はそれまでと変わらず明るく振る舞うも周囲は可哀想という同情の目で見るように。
ミカの父親も母親の見た目を恥じ人前に出さないようにし、あげく不倫をして二人の前から姿を消してしまう。
母親は人づきあいもせず、仕事にも恵まれず、俯いて生活するようになり、そのまま亡くなってしまった。
どうして聡明だった母が見た目が変わっただけで人生まで変わってしまったのと怒り、そして決心したミカ。
世界中の自分の母親のような存在を美しくして救うおう、と。
そのために命がけで仕事をしているとミカは言った。

ミカの話に心打たれる3人。

…数日後、事態は思わない展開を見せる。
ほのかがリチャードのことを待てず、週刊誌にミカの音源を売ってしまったのだ!
ミカは連日の猛バッシングで社長辞任。
(これで救われた声なき弱者もきっと数多くいたのでしょう)
新社長は弁天水に興味を示さず、なんとダー子たち、まさかの失敗!!!

「カリスマに勝って、凡人に負けたっていうことか」

ミカのその後を見に行ったダー子たち。
そこには団地に住み子供を送り出す地味な主婦になったミカの姿が。
だが美への野心を失っていなかったミカに三人は満足そうに帰路に着くのだった。

『コンフィデンスマンJP』第8話まとめと感想

失敗したのに爽やかなラスト。
なんかいいですね!
まあ前回10億儲けてるから痛くも痒くもないですよね笑

次回は小池徹平さん!でテーマはスポーツ?!
男性陣のターンが回ってきたみたいですよー♪

『コンフィデンスマンJP』のあらすじと感想一覧

『コンフィデンスマンJP』第1話
『コンフィデンスマンJP』第2話
『コンフィデンスマンJP』第3話
『コンフィデンスマンJP』第4話
『コンフィデンスマンJP』第5話
『コンフィデンスマンJP』第6話
『コンフィデンスマンJP』第7話
『コンフィデンスマンJP』第8話
『コンフィデンスマンJP』第9話
『コンフィデンスマンJP』第10話
『コンフィデンスマンJP』第11話
『コンフィデンスマンJP』第12話

『コンフィデンスマンJP』第8話は無料で視聴できる!

忙しくて『コンフィデンスマンJP』第8話を見逃してしまうこともありますよね。見逃し配信を利用すればすぐに無料で本編を観ることができるので、その方法を紹介します。

ニコニコ動画やYouTubeは危険なのでNG

ニコニコ動画やYouTubeをはじめPANDORA、Dailymotion、Youku、Veohなどの動画共有サイトを利用して視聴しようと思っている方も多いかも知れません。

これらにアップされた動画は違法アップロードにあたるため、

・違法性
・ウィルス感染の恐れ
・低品質な動画
・すぐに削除されてしまう

などのリスクやデメリットがあります。
最悪ウィルスが入っており個人情報を盗まれる可能性もあるので、要注意です!

そこでおすすめしたい無料視聴の方法が・・・

放送後1週間までならVODで完全無料視聴できる

VOD(ビデオオンデマンド)は最近急成長を遂げている動画配信サービスなのですが、

フジ系列ドラマである「コンフィデンスマンJP」はフジテレビオンデマンド(FOD)で放送後1週間までは無料で配信されています。うっかり見逃してしまた、録画も忘れてしまったという人は、FODを利用すれば今すぐに本編を視聴できます。
しかも登録などの面倒な手続きはいっさい不要

FODは大手フジテレビが提供するVODなので、

・画質が良い・画面が大きい・音質がいい
・削除される心配はなし

1話だけみるならここから観るのが間違いなくベスト!
FODの視聴ページ

上記ページから今すぐに視聴できますよ♪

さらに「コンフィデンスマンJP」を全話無料で見たい方

実は、フジテレビオンデマンド(FOD)は現在無料キャンペーン中なので、
31日間は全作品を無料で視聴できます!

もちろん全話サクッとみて解約してもOK。
31日以内に解約すれば費用はいっさい発生しません

Yahoo JAPANのIDを持っている人は、
ワンタッチ登録もできるのでサクッと登録完了。

ちなみに過去の名作ドラマや映画、アニメ、TV番組なども
配信中なのでこのキャンペーンはめちゃおすすめ!

登録も簡単で、手順に沿って進んでいくと以下のようなアカウントとパスワードが発行されるので、

FOD パスワード発行

この情報でトップページからログインすると・・・

プレミアム会員は「購入する」必要があった作品が全て「見る」になり、
以下のようにFOD内全ての作品が見放題になります!

FOD 購入後

登録は以下のFOD公式サイトから「今すぐ無料おためし」をクリック♪
FODの31日間無料キャンペーンページ

ちなみに31日間の無料トライアルはいつ終了してしまうかわかりません。
迷っている方はお早めに!

 ※紹介している情報は記事の公開時点のものです。
配信状況は予告なく変更になることもありますので詳細はFOD公式ページにてご確認ください。
2018年春ドラマの関連記事
  • コンフィデンスマンJP 10話
    『コンフィデンスマンJP』第10話の感想と無料視聴!月9最終回!
  • モンテ・クリスト伯 9話
    『モンテ・クリスト伯』第8話の感想と無料視聴!罪と愛
  • コンフィデンスマンJP 10話
    『コンフィデンスマンJP』第9話の感想と無料視聴!スポーツ×詐欺の化学反応!
  • モンテ・クリスト伯 9話
    『モンテ・クリスト伯』第7話の感想と無料視聴!狂気と憎悪の最終章突入
  • コンフィデンスマンJP 10話
    『コンフィデンスマンJP』第8話の感想と無料視聴!騙す女と騙される女
  • モンテ・クリスト伯 9話
    『モンテ・クリスト伯』第6話の感想と無料視聴!美しき女たちの裏の貌
おすすめの記事